住宅火災を防ぐには<防火の習慣:たばこ・コンロ・ストーブ・コンセント>

たばこ

・たばこの火は700~800℃もの高温です ・たばこの火は消したつもりでも完全に消えない事があります。

  • 注意1

    灰皿にはいつも水を入れておく。

  • 注意2

    吸い殻はこまめに捨てる。

  • 注意3

    寝たばこは絶対にしない。

  • 注意4

    灰皿にたばこを置いたままにしない。

コンロ

・台所での火災原因の最も高いのがコンロです。・また、高温になると油自体が発火する天ぷら油火災も注意が必要です。

  • 注意1

    コンロを離れるときは必ず火を消す。

  • 注意2

    コンロのまわりに
    物を置かない。

  • 注意3

    コンロに衣服を
    近づけない。

  • 注意4

    古くなったガスホースは使わない。

  • 注意5

    コンロは壁から
    離して置く。

  • 注意6

    コンロは身長に
    合った高さで使う。

  • 注意7

    天ぷら油の加熱に
    注意する

天ぷら油火災の経過(実験例)

ストーブ

・ストーブは直接火を取り扱うだけに危険度は大変高いものです。・正しい使い方を身につけて、安全に心がけましょう。

  • 注意1

    ストーブをカーテンや家具に近づけない。

  • 注意2

    洗濯物をストーブの上に干さない

  • 注意3

    部屋に誰もいないときは、ストーブを必ず消す

  • 注意4

    石油ストーブは確実に火が消えてから給油する。

  • 注意5

    ストーブのまわりにスプレー缶を置かない。

  • 注意6

    シーズン前に点検整備を行う。

  • 注意7

    ストーブをつけたまま寝ない。

  • 注意8

    灯油であることを確かめてから給油する

  • 注意9

    ストーブに点火したら炎の調整・確認をする。

コンセント

・日常なかなか見落としがちなのがコンセント。・発熱して火災の原因となることがあります。

  • 注意1

    たこ足配線はしない

  • 注意2

    ときどきプラグを確認して清掃する。

  • 注意3

    電気コードをカーペットや家具などの下敷きにしない。

  • 注意4

    古くなった電気コード は取り替える。

  • 注意5

    コードを引っぱって抜かない。

  • 注意6

    アイロンやドライヤー は使用後プラグを抜く。